京都クラブモデルは、1970年代の世界オイルショックの時にローマクラブが提示した
ローマクラブモデルの発展版でありました。
京都クラブモデルは、2000年頃の京都にある国際日本文化センターの共同研究として
、開発が進められたことから、京都クラブと名づけられ、それから15年以上も続けられてきたものです。
共生サイエンス・アカデミアはその資産を受け継ぎ、更に発展させることを中心課題の一つとすることになりました。
そのために、先ずは学習を通して、更なる研究開発を推進していきます。
Access Count: 1666

京都クラブモデル・アカデミア


京都クラブモデルの概説

2015年国際会議発表資料


アカデミア会員として登録していただくと
京都クラブモデルに関する知識を学習することができます。


Academic Education and Learnig Center



2016/8/31
アカデミア学習の場は、新たな汎用型ダイナミックの開発を開始しす。

2016/8/31
記載を始めました。

この京都クラムモデルに関しての問い合わせ等にお使いください
||| -- Space --|||