このサイトではjavascritpを利用しております。このメッセージはあなたのブラウザの設定でjavascritpが有効になっていません。ユーザとしてこのサイトを利用する場合はjavascriptを有効にしてください。

共生サイエンス・アカデミアは、学術の発展に貢献するPSM研究会を
新たな視野を加えたPSM研究センターとして支援していきます。


          || 学術のためのガイド || 学術会員サービス|| 問い合わせ先||

Access Count from 2017.3.10 year : 1592

PSMとは

PSM is a short name of Partially Solving Method
PSM is a new Principle Mathematical Method
of solving linear and nonlinear system of equation for using parallel processing

今までのPSM研究論文集

2018年現在までの PSM研究論文総論目次::PSM研究論文集

今までのPSM研究会の足跡

PSM数値解析に関する研究会足跡: Research of PSM :


 従来の数学的手法は、系全体の関係式を導出し、その全体の関係式を解く方法であった。
しかし、PSM手法は、部分的関係を導出し、
その都度、部分解に新たな関係式を追加すること部分解を拡張して
解析的に解いていく手法です。

多くの部分系で作られる系(装置や組織)は、
部分系内の関係とその系が直接関係する他の部分系の関係のみを知ることで、
全体としての解を導くことが可能となる数学的な方法です。

自己部分解は、直接的に関係する他の部分系と接続関係を導出ことで、
全系としての部分解を解析的に求めることが可能となります。

例えば、自動車の前輪の振動の解析は、前輪の構造式と前輪を支えるシャフトの関係式のみで、
他の部品系の詳細な式を知らなくとも、自己の前輪の解析が可能となる。
ただし、このときは、全ての部品が関係し合い、全体として自動車としての構築することは前提となります。

  このような数学的手法の視野から、ローカル空間同士を関係させることでグローバル空間を容易に構築することが可能となります。

この方法は森里海川循環社会のモデル化である「京都クラブモデル」の構築を可能とする。

  このような視野でローカル領域の詳細な関係性を組み合わせ展開することを試みる新たなPSM研究は、
  SSAの中心的な課題となり、京都クラブモデルを強烈に支えるものとなることできます。
   森里海循環社会を科学的な構築を可能とさせるためには、
PSMのような新たな数学的な技術の革新が必要となります。
   このような視点で、PSM研究は、推進していきます。

このアカデミーに関しての問い合わせ等にお使いください
||| --Member Communication Space --|||

SSA-PSM-Academia
elssa.info